メンタルヘルス対策支援とカウンセラー派遣のハートセラピー

会員専用ページ

お電話でのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

組織活性化支援

ホーム > 組織活性化支援

SELECT

働き続けたくなる職場づくりに!「解決志向」による組織活性化プログラム
働き続けたくなる職場づくりに!「解決志向」による組織活性化プログラム

組織活性化プログラムとは

解決志向という組織開発技法をベースにした
働き方、組織づくりを支援!

「解決志向」とは問題の原因追及に終始するのではなく、「これからどうしていきたいのか」という解決に焦点を当ててアプローチしていく手法。組織においては、仲間を追い詰めることなく、お互いの資源を活かしあいながら協働して仕事を進めることができるため、個々が今までにはない発想を生み出し、お互いの発想を持ち寄ってチームが最大のパフォーマンスを発揮することが可能になります。

 ものづくりや工程管理、品質管理のように、「モノ」に対しては「解決志向」の対極にある「問題志向」(問題の原因を追究する考え方)で行うことが必要です。一方、チームワーク、職場環境の改革、対人サービス向上などの「ヒト」に対しては、「解決志向」で行うことが必要です。「解決志向」による指導やコミュニケーションを進めると、社員のモチベーションが相互の協力が高められ、組織が活性化します。人事院などの行政や製造業、IT企業など幅広い業種で取り入れられ効果を出しています。

お客様に合わせてカスタマイズが可能です。

表示されている研修時間・内容はご希望により、ご要望に沿った変更が可能です。事前の打ち合わせにて内容ご提案いたします。

研修風景

研修風景
研修風景
研修風景

解決志向による職場活性化に関する研修

解決志向研修は楽しく学べることが特徴です。
楽しみながら指導や改善活動などが出来るようになります。

1. 解決志向によるリーダーシップ研修

(1.5~4時間) 管理者・リーダー対象

SF(解決志向アプローチ)に基づき、自他承認が出来るリーダーを目指し、ポジティブな課題解決のスキルを学びます。

効果

①部下の自主性、創造性を養う関わりが出来ます。
②評価面談などでやる気を引き出せるようになります。
③意見を引き出す会議が出来るようになります。
④楽しく改善活動も出来ますので生産性も高まります。

内容

1)SFの効果、考え方などについて理解する

問題志向と解決志向(SF)の違い体感ワーク、現場での使い分け方

2)あなたの資源分析

資源に気づきお互いに強みを引き出すワーク

3)簡単!SFによる指導・相談・ミーティング手法

周囲を前向きにする指導や楽しく出来る改革活動法紹介

4)他組織でのSFによる改革活動紹介

取り組み方のヒントを紹介

5)あなたもしくは職場のありたい姿と目標設定

SF流行動計画設定とアドバイスワーク

参加者の声

今後のミーティングや、問題を特定後の対応などに有効だと思いました。

問題志向にストレスを感じているメンバーは多数いるというのは、なんとなく皆が感じているが、それを明確に指摘していた。
さらに解決志向に向けることで、考え方が変わり、積極性が出てくることを、感覚だけではなく、手法として提示している。
早速、課員にも概要を説明したが、よい感触であった。実際に業務に取り入れることを考えている。

承認、例外の探索、ゴールの設定 等具体的な作業/ステップに分かれていて使いやすいと感じました。

チームビルディングにおいて解決志向アプローチは有効そうに感じた。

メンバーとコミュニケーションをとる場合は、解決志向意識するように心がけようと思った。自分の今までの経験の中にも、認証されると安心する事や、意欲向上する事があったように思った。

指示しても出来ないという返答が、多くあるが、出来る為には、どうしたらいいかとか、問いあわせてみる。意見、アイディアをださせてみる。

パワハラもどきの人、その影響で鬱になり今は復帰している人、何度言っても同じ失敗を繰り返し成長しない人など、実在するこれらの人と、解決思考を使い、具体的に掛ける言葉を考えて声掛けを行って行きたいと思います。

様々な場面で役に立つと思います。何気ない雑談から、評価、業務上の会話まで。

解決の糸口がないような状況の中で(問題だらけの状況の中で)、冷静になって考える手段として使うことができそう。

2.解決志向による職場改革実践講座

(1回3~4時間の研修を全3~4回 約半年間かけて開催)全社員対象

導入セミナー、中間セミナー1から2回、発表会と継続的に参加者同士が活かしあいながら、各職場で目標に向けて実践活動をします。

効果

参加者がお互いの取り組みを聞いたり、アドバイスを行いながら進めるため、挫折することなく楽しく改善活動に取り組むことが出来ます。ご自身だけではなく周囲にも変化が見られます。

内容

1回目「解決志向導入セミナー」(3.5~4時間)

自己紹介での承認ワーク

解決志向について基礎学習(問題志向との使い分け方など)

解決志向での職場活性化事例紹介(どのように解決志向で改善していくか)

各自が職場や自分自身の課題などをテーマとして改善に向けての具体的行動計画を策定(いくつかのワークを行いながら楽しく計画を立てますのでご安心ください)

2回目「解決志向中間セミナー」(3時間)

ここまでの実施状況を共有(承認しあいながら進めます)

今後のさらなる具体的行動計画策定

3回目「解決志向中間セミナー」(3時間)

ここまでの実施状況を共有

アドバイス、活かしあいワーク

4回目「解決志向最終セミナー」

これまでの半年間の実践状況と気づき、自分や周囲の変化などについて発表

まとめ

参加者の声

仲間を作り取り組むことで職場での会議が前向きに進められた。後輩が自主的に改善活動するようになった。

問題点ばかりではなく、出来ているところも見れるようになると改善が今までよりも早く出来るようになった。

問題志向の考え方が強く、少しずつだが解決志向の考え方が定着してOKメッセージを言えるようになった。目標に向けて困っても、この研修で相談出来たりアドバイスをもらえて良かった。

「なんで出来ない」ではなく、「どうしたら出来るか考えよう」というアプローチは追い詰めないので、相手の顔つきが暗くならず効果があります。しかも、簡単に実践出来ました。

ソリューションファシリテーター認定講座

 働き方改革、健康経営、ワークライフバランス、ダイバーシティ推進、今時代は働き方を見直し「お互いに活かしあえる職場づくりの推進」を提唱しています。
そんな時代に必要な人材が「ソリューションファシリテーター」です。
 「ソリューションファシリテーター」とはメンバーの主体性を促し、多様な人材の資源を尊重してリーダーシップのとれる人です。
米国発の人財開発・組織活性化技法「ソリューションフォーカス・アプローチ」の基本的な考え方とファシリテーション等の技術を学び、組織活性化と指導、次世代に求められる創造的活動を実践・推進するキーパーソンです。
 この講座ではノウハウを学ぶだけではなく、半年間で自身が取り組みたい「職場の課題」「自分自身の課題」を1つ研修中に選択していただき、解決志向で改善に取り組みますので成果も実感できます。
実践することではじめて解決志向アプローチが身につきます。

対象者(受講をお勧めしたい方)

リーダー、管理者など指導する立場の方

評価面談、ONE ON ONEミーテイングを行う管理者

美容院、クリニック、飲食店などの店長

人事部などの教育担当者

役職はないが職場で前向きな改革をしていきたい方

効果

チームソリューション推進者に出来ること

スタッフの主体性、モチベーションの向上を引き出す

相談者の課題を、共にポジティブに解決していくかかわり

組織の改革推進(創造性の開発、積極的アイディアの促進と実践)

ハラスメント、メンタルヘルス不調者が発生しない職場づくり

自己の人格的成長、人生課題の目標達成

解決志向によるコーチングやファシリテーションができる

2019年開催スケジュール

【1回】5月18日(土)
【2回】7月6日(土)
4日間の講座を約半年間かけて開催。
3回目4回目は参加者と相談します。

時間:

各回10:00~17:00

開催地:

武蔵小杉予定

講師:

柳原.杉山.大美賀

定員:

最大6名

申込期限:

2019年5月10日

参加費:

全4回 20万円(消費税別)
弊社講師による研修を以前に社内などで受講された方は割引がございますので、お気軽にお問い合わせください。

内容

ソリューションファシリテーター認定講座

全4回コース(全て10:00~17:00)

パンフレットはこちら

1回目「ソリューションファシリテーター基礎編」

10:00~13:00

ソリューションファシリテーターとは

コーチング心理学

基本スキル習得「傾聴」「質問」「承認」

「問題志向」と「解決志向」

14:00~17:00

解決志向を組織へ活用_基本ステップ

解決志向コーチングスキル①

アクションプラン作成

2回目「ソリューションファシリテーター応用編」

10:00~13:00

ここまでの実施状況を共有

14:00~17:00

基本スキル「傾聴」「質問」「承認」復習

私の人生曲線(自分資源に気づく)

今後のさらなる具体的行動計画策定

3回目「ソリューションファシリテーター応用編」

10:00~13:00

ここまでの実施状況を共有

14:00~17:00

チームファシリテーション(ファシリテーション力を磨く)

セルフ・コーチング

今後のさらなる具体的行動計画策定

4回目「ソリューションファシリテーター総括編」

10:00~17:00

6ヶ月間の実践報告

今後に向けての自己振り返りワーク

ソリューションファシリテーターとして組織への活用実践技法

習得度評価 / 後日認定書授与

※認定書は下記をクリアした方にお渡しします。
・半年間の間でコーチング4回、ファシリテーション1回を行いレポート提出
・半年の取り組みについての発表とレポート提出
・総括編でのロールプレイにて習得度評価

資料請求・お問い合わせ

※御見積り、資料請求は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。