オンライン開催公開研修を確認する
コラム
コラム

パワーハラスメント加害者と言われたら

1.事実を振り返ること


 ご自身が被害者と思われる方に対して行ってきた関わり方を振り返りましょう。またパワハラと受け取られた行動や発言が本当に事実であれば嘘はつかずに認めましょう。逆に事実ではない時は相談員などの担当者に伝えましょう。被害者と思われる方が「被害を受けた」と申されても、基本的には下記のパワハラ3つの要素をすべて満たさないとパワハラにはなりません。

組織から事実確認を指示されたときは誠実に対応してください。協力をしない場合「業務命令違反」となり懲戒処分されることもあります。

職場のパワーハラスメントとは

職場のパワーハラスメントとは、職場において行われる①優越的な関係を背景とした言動であって、②業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、③労働者の就業環境が害されるものであり、①から③までの3つの要素を全て満たすものをいいます。
なお、客観的にみて、業務上必要かつ相当な範囲で行われる適正な業務指示や指導については、職場におけるパワーハラスメントには該当しません。厚生労働省(明るい職場応援団より引用)


2.パワハラ加害者が更生するには自分を振り返ることが大切・・その為には

このまま被害者を増やしてはいけません、ご自身が変わるチャンスです。自分を振り返り改善するためには一人では難しいと思います。何らかの研修に参加する、身近な上司や人事担当者に相談して指導法やマネジメント法を学ぶ、カウンセリングを受ける、行為者個人研修に参加する等がお勧めです。いつも一人で解決しようとしていたあなた!誰かに相談して一人で抱え込まないでください。
人はベテランほど自分の考え方ややり方が正しいと思いがちになりますので、周囲からの指摘に対して不満を持ったり、腹を立てたり、プライドが傷ついたりすると思います。しかし、「火のない所に煙は立たぬ」ということわざがあるようにご自身が加害者ではないと確信していたとしても、誤解されるような何か行動や発言が無意識にもあった可能性があります。

パワハラ加害者の特徴を知る

1. コミュニケーションが一方通行(下記3の考えがベースにあるため)

2.日頃周囲への承認をしない(あるいは気に入った人にしかしない)

3.  自分のやり方や価値観で凝り固まっている

.問題志向で問題点ばかりが目につく 

いかがでしょうか?多くの加害者はこうした特徴があります。想像してください、あなたの上司が上記の人であればあなたはやる気になりますか?仕事が楽しいでしょうか?やりがいを感じますか?

加害者の方は責任感が高く、組織に言われた目標を達成したいという思いや、部下には成長してほしい、良いサービスを提供したいという気持ちがあり、彼らにしてみればそのために厳しく指導しているのですが、上記1から4の状態で指導しても相手は人間ですから萎縮したり不満を抱えるだけです。

パワハラ加害者特徴に対する改善方法

1.パワハラに関する基礎知識として具体例を知る

何がパワハラになるのか、適切な指導なのかを明確にするために基本的なハラスメント対策研修を受講する。(研修を受けてあいまいなことは講師に質問しましょう)

2.傾聴法を学ぶ

一方通行のコミュニケーションを防ぐには「聞き上手」になることです。傾聴法についてはまた別コラムでお伝えします。
一つだけ今ここに記すとすれば「待つ」ということを大切にしてください。遮らないようにしてください。

3.価値観や考え方に対する許容範囲を広げる

下記の絵は何に見えますか?

同じ絵でも見え方が違うように人は同じ出来事でも受け止め方は異なります。ベテランの見える世界とそうではない方の見える世界も違うのです。成功体験があると「そのやり方でやらないと上手くいかない」と思い、ほかの人のやり方を受け入れられなかったり、「コツコツ努力すべき」と考えていると、そうではない人を見るとイライラしたり、人間ですからお互いにそういうことはありますが、加害者にならないためには是非、許容範囲を広げてください。「ドライバーテスト」を受けてみることや「認知療法」を取り入れることもお勧めです。

4.解決志向による前向きな課題解決法を学ぶ


相手に対して出来ていないところについて「なぜできない」「なぜやらない」という問題点に焦点を当てて問い詰めると、人間には心がありますので「自己防衛反応」として逃走か闘争になるといわれています。

表現としては、無言になる・嘘をつく・言い訳をする・言い争うなど。これでは全くあなたが指導している意味はないですね。悪循環になるだけです。
もともと競争心の強い方の場合は問題志向で「なんで」「なぜ」と責められるほうがやる気になるという方もいますが、私のこれまでの経験からすると少人数です。(あるパワハラ加害者の方がそうでした)多くの方は萎縮したり、不快に思います。

人に対しては解決志向アプローチで指導をすると闘争や逃走とならず、前向きに受け止めてくれます。解決志向についてはまた別のコラムでご紹介します。こちらの動画(9分間)でもご紹介をしております。

 

5. 1から4で学んだことをアウトプットして自分のスキルとする

「学ぶ」は「まねる」という言葉もあるように、研修参加や読書から学んだことはアウトプットを繰り返し行わないと身に付きませんよね。私も英会話を学びましたがアウトプット出来ていないので全く身に付きません。(自慢にならないですね)加害者と言われた方はもともと努力家も多いのでその才能や資源を良い方向に活かしてください。
個人研修で私たち講師は「加害者の話や考えをまず受け止めて、一緒に振り返り、どうしたらパワハラとならない適切なかかわりができるかを一緒に検討していきます。」そして、次回お会いする大抵1か月後には実践してみて上手くいったことや困ったことをお聞きして、また検討を重ねてアウトプットしていただきます。

これにより、今までお会いした加害者と言われた方は全員が変化しております。○○ザップみたいなかんじでしょうか?しかし、○○と同じように時間がたてばもしかしたらリバウンドする可能性もあるかもしれません。そうならないためには、加害者と言われたあなたがダイエットと同じようにまずは自分自身のことも大事にしてほしいです。つまり、ストレスをためないこと、焦らないことでしょう。
困ったら相談するのも良い方法ですし、困っていなくても(自覚していなくても)時々、信頼できる方に話を聞いてもらうことも良いです。(コーチングやカウンセリングの利用など)

まとめ

加害者という呼び方をしてすみません。ただわかりやすくするためにそのように書かせていただきました。
今回のコラムは読者の方が行為者でなくても、ならないためにお役立ていただけると幸いです。株式会社ハートセラピー 代表 柳原里枝子